ヘアケア

スカルプD「メディカルミノキ5」を使って体感した効果や使い方にまつわる感想レビュー

メディカルミノキ5

この記事は、薄毛・抜け毛に悩んでいる人のために、俺イチオシの発毛剤・メディカルミノキ5をおすすめする記事だ。

「金より地位より自毛が欲しい!」
「生え際の後退、分け目の広がりをそろそろ食い止めたい!」
「髪のせいで老けて見られるのが悔しくて仕方がない!」

こういう強い願いを持っているなら是非読んで欲しい。
(※ちなみに、メディカルミノキ5の販売中止に関して知りたい人はこっちを見てくれ)

 
ところで、国内の元祖発毛剤はなんと言っても「リアップ」。

長らく国内市場を独占していたが、2018年に特許が切れてから、多くの企業が発毛剤市場に流れ込んできた。
いわば発毛剤の戦国時代の幕開けである。

その中でひときわ目立つ発毛剤こそメディカルミノキ5だ。
元SMAPの香取慎吾と草彅剛がミノキ兄弟という名前で広告塔となっているので、おそらく今もっとも有名な発毛剤だろう。

俺も初めてメディカルミノキ5のCMを見たときはビックリしたものだ。

「元SMAPが発毛剤の仕事をしている!?」
たしかにこれもあるが、もっと驚いたことがある。

「ミノキなら、生える。」と断言している!!?

そう、メディカルミノキ5は使えば自毛が生えると断言しちゃっているのだ。
強気だと思うし、暴挙とも思う。

今の時代、こういうのは指導処分の対象になりやすいし、そうでなくともクレーマーの標的になりやすい。
それなのによく思い切った宣伝をしたものだな、とビックリしてしまった。

ただ、メディカルミノキ5がどういう発毛剤なのか調べて、実際に使ってみてこう思ったのだ。
「メディカルミノキ5、たしかに生えるな」

この記事に書いているのは、以下の目次のとおりだ。

メディカルミノキ5の特徴と成分まとめ

まずはメディカルミノキ5がどんな発毛剤なのか紹介しよう。

正直、CMはインパクト重視だから、どんな発毛剤なのか全然分からないんだよな。

スカルプDシリーズから出た初めての発毛剤

メディカルミノキ5はアンファーが作った発毛剤。
アンファーは増毛シャンプー・スカルプDを作っており、男性の発毛・増毛に関してノウハウがある会社だな。

スカルプDは男性用のヘアシャンプーで10年連続売り上げ1位という偉業を成し遂げたシャンプーだ。
これは多くの男性が効果・効能に満足していると言っても過言ではないだろう。

実際に頭皮環境を整えるのにスカルプD以上のシャンプーを俺は知らない。
メディカルミノキ5はそんなアンファーが満を持して発売した発毛剤なんだよ。

今まで培ってきた信頼と実績は他の発毛剤にはない魅力だと俺は思うぜ。

自信があるからこその「ミノキ補償」

「ミノキなら、生える。」はただのハッタリではない。
なにせ国内初の補償制度である「ミノキ補償制度」を用意しているからだ。

これはメディカルミノキ5を正しく使ったにもかかわらず、まったく効果がなかった時に使える補償制度だ。
内容はアンファー社が提携しているヘアクリニックのAGA治療が30,000円分(5000円×6回)が無料になるというもの。

正直、かなり破格のサポートだと思う。
全額返金保証も嬉しいけど、でもそれだと「結局、どうすればいいの?」となる。

その点、ミノキ補償制度ならドクターサポートを受けられるから、今後の増毛・発毛に繋がるんだよ。
破格の補償制度があるのも、裏を返せば「滅多に利用されないだろう」「利用されたとしたら完全にこちらの落ち度」という自信があるんだろうな。

メディカルミノキ5、見事だぜ。

ミノキシジル5%配合している

メディカルミノキ5の成分は次の通りだ。

ミノキシジル(5%)、エタノール、1.3-ブチレングリコール、リン酸

ミノキシジル以外はリキッドの使い心地や浸透力を高めるための添加物で、発毛に関する成分はミノキシジルだけだな。

ちなみに5%という濃度は国が許可しているミノキシジル配合濃度の最大数値だぞ。

ミノキシジルしか配合されていないことに不安を覚える人もいるだろう。

だけど、ミノキシジルは日本皮膚科学会の脱毛症診断ガイドラインで最高のAランク成分として紹介されている成分だ。

そんなミノキシジルを基準値MAXで配合しているからこそ、「ミノキなら、生える。」と豪語しているんだろうな。

頭皮に優しい使い心地を追求

薄毛・抜け毛で悩んでいる頭皮は自分で思っているよりもはるかに痛んでいると思った方がいいぞ。
たとえるなら不用意に傷つけると二度と草木が生えない荒れ地ってところだな。

だから、発毛剤を使うなら成分は当然として使用感にもこだわるべきだと俺は思う。

その点、メディカルミノキ5にが合格点をあげたい。
なにせ特殊なラバーヘッドを採用しているので、頭皮を傷つける心配がないからだ。

発毛剤は手に取って使うのではなく、ボトルを直接頭につけて使うものだ。
これは毛穴の奥に有効成分を届けるために必要なこと。

だから、頭皮に当たっても痛くないし、クッションが効いてるラバーヘッドの採用は魅力だと断言できるぜ。

メディカルミノキ5と類似品を比較してみた

最初に書いたように、今の世の中は発毛剤の戦国時代。
次々と新しい発毛剤は発売されるので、俺たち薄毛人からするとどれを買えばいいのか迷っちゃうよな。

そこで、メディカルミノキ5と同じくらい売れている「リグロEX5」と「リアップX5プラスローション」を比較してみたぞ。

●メディカルミノキ5
・製造元:アンファー
・内容量:60ml
・値段:7,800円(税抜き)
・配合成分:ミノキシジル(5%)、エタノール、1.3-ブチレングリコール、リン酸

●リグロEX5
・製造元:ロート製薬
・内容量:60ml
・値段:7,000円(税抜き)
・配合成分:ミノキシジル(5%)、エタノール、プロピレングリコール、1.3-ブチレングリコール、酒石酸

●リアップX5プラスローション
・製造元:大正製薬
・内容量:60ml
・値段:7,000円(税抜き)
・配合成分:ミノキシジル(5%)、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール、セタノール、エタノール、1.3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸

こうして比べて見ると分かるが、正直、ほぼ大差ないというのが本音だ。

パッと見た感じだと成分の量が一番多いリアップが優秀そうに見えるよな。
実際、ピリドキシン塩酸塩とトコフェロール酢酸エステルは炎症を抑えつつ、発毛をうながす優秀な成分だったりする。

ただ、その分、リアップは添加物の量も多いので、ダメージを負いやすいというリスクを背負っているから一長一短だな。

あと、我らがメディカルミノキ5だけ値段が少し高いから購入を見送ろうとするのはNGだぞ。
たしかに発毛剤は最低でも4か月使い続けないと効果が出ないので安いに越したことはない。

でも、上でも書いたようにメディカルミノキ5にはミノキ補償があるので、値段に関してはあまり気にしなくてもOKだぞ。
というより、他の発毛剤には補償がないから、もしもの時のことを考えるとメディカルミノキ5が一番安かったりするな。

結論。
効果・効能に関しては成分を見る限りだとどれも大差ないので、自分の好みで選んでOK!
ただ、値段込みで考えるとメディカルミノキ5が一番優秀だ。

実際にメディカルミノキ5を使った感想まとめ

メディカルミノキ5の口コミを調べて見ると、おおむね評価が高かったな。
医薬品に分類されるだけあって副作用について言及している口コミもそれなりにあったが、辛口評価をしがちな2chユーザーからも好評だったので信頼できそうな発毛剤だと俺は思う。

口コミ評価と2chへの書き込みの一部を簡単に紹介しよう。

SMAPを起用しての話題しか取り柄がないと思ってたけど、普通に効果がある発毛剤でビックリした。

頭皮にかゆみを感じることはないし、ふけが増えたって気もしないので、体への害は少ないと思う。

副作用もないし、産毛が生えてきたから効果もあると思います。
さすがリアップといったところでしょうか。
これからも使い続けてみようと思います。
目指せ、1000本増毛!

etc…

これだけ口コミ評価が高いと期待してしまうのは無理はないだろ?
というか、我らハゲ予備軍にとって救世主となるかもしれない発毛剤とか迷わずに購入するに決まっているよな。

そんなわけで半年間、メディカルミノキ5を使い続けた感想を書いていくぞ。

メディカルミノキ5の使い方はすごく簡単!

発毛効果を書く前に、まずはメディカルミノキ5の使い方を紹介しよう。
たまに使い方が複雑な発毛剤もあるし、そうでなくとも意図せずして使いすぎてしまう発毛剤なんかもあるから、みんなが思っているより使い方って重要なんだよな。

・容器をまっすぐに立てる
・塗布ヘッドを上げる
・容器を逆さまにして塗布ヘッドと容器の間に1回分の液体が溜まるのを確認する
・薄毛・抜け毛が気になる部分にラバーヘッドを押し当て「カチッ」と音が鳴るように塗布ヘッドを押し込む
・そのまま液体がなくなるまでぽんぽんと優しく頭皮に当てる

これを1日2回するだけでOKだ。
事前にスカルプDシャンプーで洗い、血行を良くしておくとさらに効果が高まるぞ。

最初は違和感を覚えるかもしれないが、慣れるとすぐに終わるようになるし、手間を感じなくなるので変に意気込む必要ないからな!
あと、これは大事なことだけどメディカルミノキ5は涼しくて、風通しのいいところに保管するように。

分け目が少し分かりにくくなった

俺の薄毛は分け目から来るタイプ。
昔は綺麗に7:3で髪を分けることができたのに、今では7:1:2という感じだ。

もちろん1は不毛地帯である。
メディカルミノキ5を使い始めてから、目立って仕方がなかった分け目の薄毛部分を改善できたんだぜ!

4か月と少し経ったくらいで、産毛がわさわさ生えてきたことに気付いたんだよ。
信じられるか?

もう毛根が閉じてしまったんじゃないかと思っていた部分に、産毛とはいえ新しい髪の毛が生えてきたんだぜ。
ハッキリ言って俺は鏡を見ながら叫んだくらいだ。

抜け毛の質が大きく変わった

産毛が生えてきたことと同じくらいビックリしたのが抜け毛の質が変わったこと。
さすがに半年使っただけでは本数が劇的に減ったということはなかったのは少し残念だがな。

具体的に書くと、抜け毛の太さが太くなったんだよ。
特に毛根部分は確実に変わっている。

少しぷっくらした健康的な毛根になったんだよな。
新しい髪の毛を増やしつつ、今ある髪の毛が減らないようにもはたらきかけてくれる。

そんな夢のような発毛剤って実在していたんだな。

メディカルミノキ5が販売中止?噂の真相に迫る

最後にメディカルミノキ5にまつわる噂話の真実を書こう。

メディカルミノキ5のことを調べると、必ず「販売中止」「自主回収」という言葉が出てくる。
これはどういうことなのか。

まさか表示偽装をしていたり、隠して国内未認可の成分を配合しているのだろうか。
この噂は本当で、メディカルミノキはかつて販売を中止し、商品をすべて自主回収した過去があるのだ。

ただ、それは「付属してる添付文書の図に不備があった」ことが原因であり、成分の配合量や表記に矛盾があったということはないぞ。
言ってしまえば些細なミスだ。

でも、メディカルミノキ5は医薬品に分類される発毛剤であり、このような小さなミスですらしっかりと対処しないといけないんだよ。
結論としては、販売中止や自主回収は真実だけど、発毛効果に関して不備・不足・矛盾などがあったわけではないので心配する必要ないぞ!

 
<<追記>>
育毛サプリって知ってるか?? 発毛剤や育毛剤にチョイ足しするアイテムとして注目されているらしいぞ。
苦労の末にたどりついた ボストンという育毛サプリで頭皮環境の改善に挑んだ俺の記録