ヘアケア

リアップX5プラスローションを使って体感した効果や使い方にまつわる感想レビュー

リアップX5プラスローション

ういっす!
ヒビコレの育毛&発毛担当のWだ。

今回はついに発毛剤の大本命。
「リアップX5プラスローション」を身体を張ってレポートしてきたぜ!

「抜け毛が気になってニット帽をかぶれない」
「髪を染めたいけど、頭皮へのダメージが気になる」
「髪が細くて柔らかいから将来マジで不安……」

すでに薄毛な人だけでなく、今後もしかしたら薄毛になるかもしれないという人にもぜひ読んで欲しい。

 
では本題に入ろう。
日本国内に自毛革命を起こした発毛剤・リアップ。

国産で初めての、そして、唯一の発毛剤として多くの男性の悩みを解決してきた。
「リアップの歴史=日本の発毛の歴史」と言っても過言ではないくらいだ。

リアップの最大の特徴は「進化すること」だ。
初代リアップ、リアッププラス、リアップジェット、リアップX5と「髪の毛にとっていい薬用成分」が発見されるたびに新しい製品を出してきたからな。

勿論、新しければ新しいほど洗練され、効果が強い発毛剤に仕上がっているんだぞ。
そして、最新のリアップこそリアップX5プラスローションだ!

リアップX5プラスの口コミをいくつか紹介するぞ。

リアップで感じた発毛効果が、グレードアップしていて、より髪の毛にハリとコシが出ているのが実感できました。

発毛に本当に効果がある唯一のブランドです。

抜け毛が減り、髪の毛一本一本がしっかりとした印象。

etc.

このようにリアップX5プラスの効果・効能に満足している人はかなり多い。
中には「リアップ史上最高傑作」と絶賛している人もいたぞ。

常に進化し続けるリアップにとって最高の誉め言葉と言ってもいいだろうな。

この記事はリアップX5プラスの凄さを書いた記事だぞ。
実際に俺が使った体験談でもあるから、是非参考にしてほしい。

リアップX5プラスの成分と魅力をまとめてみた

まずはリアップX5がどんな発毛剤か紹介しようと思う。
多分、「リアップ?名前だけは知ってる」という人がほとんどだろうから、これを機にどんな発毛剤なのかしっかりと覚えようぜ。

定番成分と新成分のW配合!

リアップX5プラスの成分は以下の通りだ。

ミノキシジル(5%)、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール、セタノール、エタノール、1.3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸

この中で実際に抜け毛・薄毛対策に効果的な成分はミノキシジル(5%)、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、L-メント―ルの4つだ。

あとは吸収力や使用感を高めるための成分だな。

この4つの発毛成分の効果を簡単に説明するぞ。

●ミノキシジル
ミノキシジルは日本皮膚科学会の脱毛症診断ガイドラインで最高のAランクと評価された成分。
今の発毛剤に欠かせない成分ということだ。
それを国が認可する最大濃度(5%)も配合しているので強力な効果を期待できそうだぜ。

●ピリドキシン塩酸塩
ミノキシジルの効果・効能は人によって変わってくるもので、その一番の原因が皮脂詰まりと言われている。
ピリドキシン塩酸塩はその皮脂詰まりを解消する効果があるので、ミノキシジルが浸透しやすい頭皮を作ることが期待できるぞ。

●トコフェロール酢酸エステル
頭皮の炎症やかゆみの元となる過酸化脂質の発生を抑えてくれる成分だ。
使っているうちに頭皮にかゆみを感じることが多くなり、結果として途中で使うのを断念してしまうというのは質の悪い発毛剤にありがちな話。
どうやらリアップX5プラスではその心配はいらないと思うぜ。

●L-メントール
トコフェロール酢酸エステルと同じく頭皮のかゆみや炎症を抑えてくれる成分。
あと、それと使った後の清涼感・爽快感にも期待できる成分でもある。
「スカッとする使い心地じゃないとイヤ!」という人も満足できそうだな。

信頼と実績の大正製薬製の発毛剤

リアップX5プラスは大正製薬製の発毛剤だ。
「鷲のマークの大正製薬」でお馴染みの製薬会社だな。

大正製薬はその名前の通り大正元年にできた製薬会社で、創業してからずっと国内の医薬品界隈を引っ張て来た会社だ。
別の言い方をすれば100年以上積み重ねてきた信頼と実績がある会社ということでもある。

リアップX5はそんな会社が作り上げた発毛剤だから、他の発毛剤とは比べ物にならない安心感があると俺は思うんだよ。

臨床データで分かる高い満足度

信頼できる会社が多くの増毛成分を入れて作り上げたリアップX5プラス。
でも、ちゃんと増毛効果を数字で出してくれないと不安だという人もいるだろうな。

大正製薬はそういった人のためにちゃんとリアップX5プラスローションの臨床データも公開しているぞ。
データによると、正しい用法・用量で使い続けた人の4割が3か月で発毛効果を実感しており、9割以上の人が1年で効果を実感していることが分かる。

大袈裟な言い方をすれば1年使い続ければ、ほぼ間違いなく髪の毛を増やすことができる発毛剤ということだな。
効果を実感できるから続けられる。

そして、続けられるからこそより強い効果があらわれる。
リアップX5はそんな継続したくなるような発毛剤なんだよな。

リアップX5と他の発毛剤を比較してみた

リアップX5プラスローションを買う時に他の発毛剤と比較している人は多いと思う。
発毛剤の特許が切れたから、他の企業・製薬会社も発毛剤市場に参入できるようになったからな。

ここで俺から発毛剤の比較に関して大事なことを書くぞ。
今の発毛剤ってどれもミノキシジルを5%配合しているのが当たり前だから、違う部分で比較する必要があるんだよ!

最強の発毛成分・ミノキシジルを含んでいるのは魅力ではあるが特別なことではないんだよな。
だからこそ、ミノキシジル以外の部分でしっかりと比較することが重要なんだよ。

さて。
前置きはここまでにして、我らがリアップX5プラスローションと勢いある2つの発毛剤を比較してみたぞ。

●リアップX5プラスローション

・製造元:大正製薬
・内容量:60ml
・値段:7,000円(税抜き)
・配合成分:ミノキシジル(5%)、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール、セタノール、エタノール、1.3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸

●メディカルミノキ5

・製造元:アンファー
・内容量:60ml
・値段:7,800円(税抜き)
・配合成分:ミノキシジル(5%)、エタノール、1.3-ブチレングリコール、リン酸

●リグロEX5

・製造元:ロート製薬
・内容量:60ml
・値段:7,000円(税抜き)
・配合成分:ミノキシジル(5%)、エタノール、プロピレングリコール、1.3-ブチレングリコール、酒石酸

増毛成分で見るならリアップの圧勝!

リアップX5プラス、メディカルミノキ5、リグロEX5。
すべてミノキシジルを5%配合した発毛剤だな。

だから、ミノキシジル以外の成分で比較してみると、リアップX5プラスローションが大きくリードしていることが分かる。
なにせリアップX5にはピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、L-メントールという増毛・発毛作用の高い成分も含まれているんだからな。

ミノキシジルだけに頼っている他の2つの発毛剤とは格が違うぜ。
ただ、増毛作用のある成分を多く配合しているため、他の発毛剤と比べてリアップには多くの化合物が配合されているのがややネックでもあるな。

値段は互角と思いきや……?

成分の次は値段で比較してみよう。
といっても、値段もほぼ互角だから優劣をつけるのは難しかったりする。

でも、もっと詳しく調べて分かったんだが、メディカルミノキ5とリアップX5は値段以上のお得感がある発毛剤ということが分かった。
メディカルミノキ5にはミノキ補償と言われる制度がある。

これは使い続けても発毛効果が確認できなかった場合に使える制度で、アンファー社と提携しているAGAクリニックのサービスを一定額まで無料で使えるサービスだ。
たとえ発毛剤がダメだったとしても、ドクターサービスでリカバリできるのは助かるよな。

一方、リアップX5にはそういう補償はないが、「リアッププレミアムクラブ」というサービスが用意されているんだよ。
これはリアップ関連商品でのみ溜まるマイレージサービスみたいなものだな。

色々な商品やイベントチケット、旅行券などと交換できるので、なかなか面白いサービスだなって思う。
それに会員限定のヘアケアコラムは今後の抜け毛・薄毛対策に一役買ってくれそうだぜ。

<<追記>>
上の3つと同じくミノキシジル5%を配合した発毛剤に、コスパナンバーワンの新商品「ミノグロウ」が現れた!

参考)ミノグロウを使って体感した効果や使い方にまつわる感想レビュー

リアップX5プラスローションを実際に使った体験談

最初に書いた通りリアップの口コミは軒並み高評価ばかり。
でも、「リアップには効果がない!」「リアップの発毛効果は嘘!」といったネガティブな口コミも0ではないんだよな。

だが、あえて言おう。
使用期間にもよるが、リアップX5プラスローションは効果がある発毛剤だぞ!

俺がこう言い切る理由は簡単だ。
自分で使い続けて薄毛・抜け毛のコンプレックスを改善できたからである。

では、リアップX5の正しい使い方と実際に使った感想を書いていくぞ。

リアップX5の使い方は慣れが必要

リアップの効果を実感するためには、正しい使い方で使う必要があるぞ。
医薬品だから雑に使ったらダメだよな。

1.容器を縦に立ててキャップを外す(斜めや逆さだと漏れる可能性あり)
2.容器を逆さにして約3秒間キープ
3.計量スペースに薬液が1回分溜まるのを見届けてから使用
4.容器を垂直に立てて薄毛・抜け毛が気になる部分にしっかりと押し当てる
5.そのあと、10回前後とんとんと頭に塗る
6.使い終えたらキャップをしっかりと締める
7.この流れを1日2回する

これがリアップX5プラスの正しい使い方だな。

コツは「おざなりな使い方をしないこと」だ。
雑に扱うと液漏れしたり、正しい用量で塗布できなかったりと散々な目にあう可能性が高くなるんだぞ。

ちなみに塗るタイミングは朝と夜の2回がベストだ。
特に夜は入浴後だとより効果が高くなるぞ!

4か月目が一つの目安だ

臨床データを参考にするなら3か月が一つの目安のように思えるが、俺としては最低でも4か月使うことが重要だと思う。
なぜなら、ミノキシジルの効果は4か月が目安と言われているんだからな。

リアップX5プラスにはミノキシジル以外の増毛成分が含まれているので、3か月で効果が出ることもあるだろう。

でも、発毛剤の本命成分はやっぱりミノキシジルなんだよ。
だから、最低でも4か月は使い続けないとリアップX5プラスの正しい評価は出せないと思うんだよな。

5か月目で分け目・生え際の産毛を確認

かくいう俺の場合は4か月ではなく5か月使い続けてようやくリアップX5の発毛効果を確認することができたんだがな。

俺の場合、一番最初に変化があったのは髪の分け目だ。
昔と比べて地肌が目立つようになってきた分け目だが、そんな不毛地帯に産毛が生えてきたんだよ!

たかが産毛、されど産毛。
抜け毛・薄毛で悩んでいる人なら分かってくれると思うが、「抜ける本数が多い」ことよりも「生える本数が少ない」ことのがキツいよな……

だって事態が好転する可能性が小さいってことだから。
リアップX5プラスはそんな切実な悩みを「産毛を生やす」というシンプルな結果で解決できる最高の発毛剤だって思ったね。

抜け毛の質が変わったかも

あと、この変化は体感的なものだけど、抜け毛のハリ・コシもかなり変わったと思う。
この変化はリアップX5プラスローションを使い始めて6か月経ったときに確認できたな。

以前までの俺の抜け毛って「細い・柔らかい・ちぎれやすい」と負の三拍子が揃ってたんだよ。
冬場の枯れ木でもまだ栄養が通っているだろ、と思わずツッコミたくなるレベル。

リアップX5プラスを使い出してからは髪の毛が強くなったのか、抜け毛の質が変わって、少しだけ太く、コシのある抜け毛になったんだよ。
あと、少しだけ毛根部分も膨らんできたと思う。

リアップX5を使って抜け毛の本数が劇的に変わったわけじゃない。
だけど、リアップX5を使い続けると抜け毛の本数が減りそうな予感はしたぞ!

夢を見させてくれる発毛剤ってカッコいいじゃん。

リアップX5プラスは副作用がある?安全性は?

最後にリアップX5プラスローションの副作用について書こうと思う。
これは大事なことだから、ちゃんと知っていて欲しい。

リアップX5プラスをはじめとした発毛剤は医薬品に分類されるものだ。
医薬部外品である育毛剤との最大の違いだな。

発毛剤は医薬品だから効果が強力だが、医薬品だからこそ正しく使うことが求められるし、場合によっては副作用が生じることもある。
だから、「リアップX5は安心安全!心配無用!」なんて文言を見かけても無視してくれ。

リアップX5を使うなら何か異変・不調を感じることがあるかもしれないという危機感が必要なんだよ。
では、具体的にはどんな異変が生じる可能性があるのか紹介するぞ。

頭皮の発疹、かゆみ、かぶれ、ふけの増加、使った部分が赤くなる、頭痛、眩暈、心拍が早くなる、謎の体重増加、むくみ

これはミノキシジルを使うことで起こる可能性がある副作用だ。
そこまで重篤な健康被害は報告されていないが、それでも無視できないものばかり。

そのため、リアップX5を使っていて異変を感じたなら、すぐに使うのをやめて、かかりつけの病院に相談するように!
俺との約束だぜ。

(おまけ)リアップX5と育毛剤ってどっちがいいの?

リアップX5は、何度も書いているとおり発毛剤
発毛剤というのはミノキシジルのような医薬成分を配合したもので、医薬品に分類される。

国が薬効を認めているだけあって効果が強力な反面、副作用のリスクもそれなりに大きいのがネック。

一方、育毛剤や育毛シャンプーはリアップX5ほどは効果が強くない。
医薬部外品だから差があるのは当然のこと。
ただ、その分、副作用のリスクも発毛剤に比べるとグッと低かったりする。

では、発毛剤と育毛剤は一体、どちらを買うのが正解なのか。

色々な意見があると思うが、「既に髪がかなり抜けていて一刻も早くフサフサになりたいなら発毛剤、髪は薄くはなっているけど緊急度は低いので安全に済ませようというなら育毛剤」という選び方で良いと思うぞ。

もう1つ。リアップX5をはじめとする発毛剤は医薬品だから、ネットで買う際にも医薬品の情報提供に関するやりとりが必要になる。
つまり、少し面倒だ。そういう手続きが面倒な人には育毛剤のほうがいいだろう。

正直、それぞれ一長一短でどちらかがダメってことはない。
ちなみに、育毛剤でここ最近飛ぶ鳥を落とす勢いなのが BOMEK(ボメック)という商品だ。

参考)ボメックを実際に使ってわかった「強さ」と知っておきたい「注意点」

ただこれは忘れないでほしいのが、発毛剤と育毛剤の併用だけは絶対にしたらダメだってこと。
なにせ頭皮が受ける刺激が強くなりすぎて、抜け毛・薄毛の悩みが解消するどころかかえって頭皮を炎症させる可能性があるからだ。