ヘアケア

リグロEX5を実際に使ってわかった「強み」と「欠点」

リグロEX5

この記事は「ハゲから復活した男」こと俺がオススメの発毛剤(育毛剤とは違うぞ!)を紹介する記事である。

ちなみに俺は脱毛・薄毛改善のためにトータルで100万円近くのお金を使ってきた男だ。
そんな男がたどり着いた答えを是非見ていってほしい。

「朝起きた時に枕についている抜け毛を見るのが怖い……」
「シャワーをしたあとの指に絡みつく髪の毛が増えた……」
「最近、生え際や髪の分け目が目立つようになった気がする……」

こんな人には言えない悩みを抱えていないか?
本人としては認めたくないだろうが、これらはすべて薄毛に繋がること思ったほうがいい。
つまり、ハゲる前兆ということだ。

だが、安心してくれ。
脱毛・薄毛にガツンと効くとっておきの発毛剤を使えば大丈夫だぞ。

俺がみんなに紹介したいとっておきの発毛剤、それはリグロEX5だ!
リグロEX5は今、市場に出回っている数々の発毛剤の中で「毛を生やすこと・増やすこと」に限って言えば最強だと俺は思う。

俺がリグロEX5を「最強」と思う3つの理由

上でもちらっと書いたが、世の中には数え切れないくらいの育毛剤・発毛剤がある。
しかも、ただ数が多いのではなく、医薬品のものもあれば、医薬部外品のものもあるし、シャンプータイプもあったりと幅が広いのも特徴だ。

それなのに、俺がリグロEX5のことを「最強の発毛剤」というのには3つの理由があるんだよ。

理由その1:信頼と実績あるロート製薬が手掛けた医薬品だから

「ロート、ロート、ローォトー♪」のCMでお馴染みのロート製薬(このネタって今の若い子には伝わるのだろうか)
リグロEX5はそのロート製薬が作った第1医薬品に分類される発毛剤なんだよ。

すべてのものに言えるが、買うのなら信頼できる会社のものがいい。
というか、特に発毛剤は製造元・販売元を気にしたほうがいいぞ。
なにせ頭皮はデリケートな部分であり、薄毛・脱毛に悩んでいる状態というのは頭皮が痛んでいる状態なんだから、安全性の高いものを使うにこしたことがないからだ。

その点、リグロEX5は国内の製薬会社の中でもトップクラスの実績を誇るロート製薬が作っているから、使う時に全然不安にならないってわけ。
この信頼感は他の発毛剤にはない魅力だと俺は思うぜ。

理由その2:ミノキシジルをたっぷり配合しているから

髪の毛を太く、強くするのに欠かせない成分といえばミノキシジル。
この成分をどう取り扱うかで発毛剤のクオリティが決まると言っても過言じゃない!

では、リグロEX5のミノキシジル事情はどうか。
答えは「最高だ。まったく問題ない。」だな。

リグロEX5にはミノキシジルが5.0g(100ml)配合されている。
表記上では5%となっているがな。
この5%というのは、国が許可しているミノキシジル配合濃度の最大値なんだよ。

つまり、リグロEX5は一番重要なミノキシジルを基準値MAXで配合しているから、コシとハリの強い髪を作る力が強い発毛剤だということだな。

理由その3:使い心地バツグンな特殊ボトルを採用しているから

発毛剤を使ったことがある人なら絶対に分かる悩みを書くぞ。

「一体、どれくらいが適量なのか分からない。」

これ、あるよな。
多く使いたい気持ちもあるけど、使いすぎるとすぐになくなりそうで怖い。
かといって、セーブして使うと効果が弱くなる気がする。
そんな二律背反。

リグロEX5は使用者目線で作られているから、この使い勝手に関する悩みとは無用の発毛剤に仕上がっているんだぜ。

使い方は簡単。
キャップを空けて、ノズルが下になるように逆さまにするだけ。
そうすると1回分の使用量がノズルの先端に溜まるから、出なくなるまでトントンと優しく頭皮に押し当てる。
これを1日2回するのがリグロEX5の正しい使い方だ。

他の発毛剤とは違って、使いすぎることもなければ、量が足りないということもなく、頭皮・髪質に左右されない最適の量を使い続けることができるってわけ。
実体験から言わせてもらうが、使い勝手にもこだわらないと三日坊主になってしまうぞ。(薄毛だけにな!)

リグロEX5を他の発毛剤と比較してみた

薄毛・脱毛改善効果で考えるなら、リグロEX5は最強の発毛剤。
成分・使い勝手・信頼度において比肩するものがないんだから、最強と言って何か問題があるだろうか。
いや、ない!

そんな自分勝手な自問自答をするのも悪くないが、どうせなら他の人気発毛剤とリグロEX5を比較して、どれが一番優れているのか確かめてみるのも大事だと思うんだよな。

ということで、「リグロEX5」「リアップX5プラスローション」「メディカルミノキ5」を比較してみたぞ。

●リグロEX5
・製造元:ロート製薬
・内容量:60ml
・値段:7,000円(税抜き)
・配合成分:ミノキシジル(5%)、エタノール、プロピレングリコール、1.3-ブチレングリコール、酒石酸
・その他特徴:スリムボトル&特殊ノズルで使用感にこだわりあり

●リアップX5プラスローション
・製造元:大正製薬
・内容量:60ml
・値段:7,000円(税抜き)
・配合成分:ミノキシジル(5%)、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール、セタノール、エタノール、1.3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸
・その他特徴:日本初の医薬品発毛剤の正統後継品

●メディカルミノキ5
・製造元:アンファー
・内容量:60ml
・値段:7,800円(税抜き)
・配合成分:ミノキシジル(5%)、エタノール、1.3-ブチレングリコール、リン酸
・その他特徴:スカルプDシリーズの発毛剤、AGAクリニックの保証あり

パッと見た感じだとリアップが一番優秀そうに見える。
大正製薬もロート製薬に負けないくらい大手だし、配合成分の数も一番多いからな。
特にピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントールは頭皮の炎症を抑えたり、発毛を促す効果もあるので、見逃せない成分だ。

ただ、リアップは医薬成分を多く含んでいるかわりに、添加物も多いんだよ。
添加物が多い=悪というわけではないけど、決して安全とは言えないよな?
特に頭皮・毛髪はデリケートな部分で、ちょっとした刺激物が増毛をダメにすることだってある。
そう考えると添加物が多い発毛剤はオススメできないんだよ。
触らぬ神にたたりなしってね(髪だけに)

その点、リグロEX5はトータルバランスが一番いいと言えるよな。
ミノキシジルの配合量は同じで、製造元も信頼できる。
それでいて添加物は控えめだから心配しなくていいし、値段だって安い。

結論としては、やっぱりリグロEX5が最強だっていうのが俺の答えだ。

実際にリグロEXを使った体験談まとめ

カタログスペックだけでは何とだって言える。
やっぱり一番大事なのは使った人の生の声だ!

こう思う読者もいるだろう。
安心してくれ。
そのために俺がリグロEX5を使い続けた時の体験談を簡単な時系列順で紹介しようじゃないか。
俺のハゲを改善したプロセスをしっかり書いてみたぞ。

6週目で生え際に産毛が生えてきたことを確認

使って1か月目は何も変化がなかった。
そもそも使用目安に「4か月は使わないと効果を確認できない」というようなことが書かれているから、特に焦ることはなかったがな。

というより、4か月は使わないと増毛効果を実感できないと思っていたから、6週目で効果を確認できたときはビックリしたぜ。

生え際の薄さを何とか改善しようと思って使い始めたから、6週目で産毛が生えてきたことを確認できたときはかなり嬉しかったなあ。
全然細いし、力強さもない毛だけど、広がった生え際に産毛が生えるなんて数年ぶりだったから喜びもひとしおだったぜ。

15週目で髪のコシ・太さが強くなったと実感

もうそろそろ4か月使い終えるなーというあたりで、髪の太さが変わったことを確認できたぞ。
薄毛・脱毛で悩んでいる人なら絶対に分かってくれると思うが、ハゲ予備軍の髪の毛って弱々しいだろ?
引っ張ったらちぎれそうな感じがするし、見た目も貧相。
変な言い方になるが、髪の毛が頼りないんだよな。

でも、リグロEX5を使い続けたことで、そんな弱い髪の毛を強くたくましく生まれ変わらせることができたんだよ!

剛毛とまでは言わないけど、十分にハリ・コシを実感できる髪の毛になったと思う。
特に毛根の太さが違うね。
リグロEX5を使う前の俺の毛根が「フェザー級」だとしたら、今の俺の毛根は「ミドル級」はあると言ってもいいくらいだ。

抜け毛の本数が確実に減った

これはいつが目途だったかハッキリ言えないんだが、リグロEX5を使い始めてから確実に抜け毛の本数は減ったと思うぞ。
前までは朝起きるたびに枕についている抜け毛を見てしまい、その日1日をブルーな気分で過ごしてたからな。

でも、今では抜け毛の本数も減り、寝起きの枕を見ても、シャンプーをしたあとの指を見ても、ニット帽をかぶったあとでも怖くない!
こんな日が訪れるなんて夢にも思わなかったぜ。

頭にかゆみを感じたりふけが増えることはなかった

リグロEX5は第1医薬品に分類される発毛剤。
だから、育毛剤よりもっと強い発毛効果が期待できるんだが、それと同じくらい副作用が生じるリスクが高かったりするんだよな。

では、リグロEX5の副作用はどうだったか。
あくまで俺の場合だが、俺がリグロEX5を使っていた期間中に副作用のようなものを感じることは一度もなかったぞ!

ただ、髪質や頭皮の肌質、使用状況、生活習慣などで副作用のリスクは変わってくるから、過信はNGだぞ。

リグロEX5の副作用について

最期にリグロEX5の使用上の注意・副作用について真面目に書こうと思う。

体験談でも書いたが、リグロEX5は育毛剤ではなく医薬品に分類される発毛剤だ。
そのため、育毛サプリやシャンプーと違い、使用に漢詩てキツいルールが設けられているぞ。

・アレルギー症状が起きる可能性あり
・女性は使ったらダメ
・未成年は使ったらダメ
・円形脱毛症、薬の副作用による薄毛、原因不明の薄毛には使ったらダメ
・急に脱毛してしまった人は使ったらダメ
・頭皮が炎症している場合、使ってはダメ
・高血圧・低血圧の人は使ってはダメ
・心臓・腎臓に障害がある人は使ってはダメ
・むくみがある人は使ってはダメ
・65歳以上の人は使ってはダメ

厳しい!
縛りがなかなか厳しいぜ、リグロEX5!

発毛剤だから仕方ないと納得したいが、それでもこれだけふるい落としがキツいと満足に使える人も多くないと思うんだよな。
また、使用上のルールが設けられているだけでなく、リグロEX5は薬用成分を含んでいるからこその副作用報告もあるから厄介なんだよ。

頭皮の発疹、かゆみ、かぶれ、ふけの増加、使った部分が赤くなる、頭痛、眩暈、心拍が早くなる、謎の体重増加、むくみ

これはリグロEX5に限った話じゃなくて、ミノキシジルを配合している発毛剤すべてで可能性がある副作用だ。
だから、使っていて違和感を覚えたら、すぐに病院に行く必要があるぞ!

リグロEX5は発毛効果が強力で、俺もハゲを改善することができたから、マジで最強の発毛剤だと思っている。
でも、それは「髪の毛を増やす効果」が最強ってだけだ。

安全性を考えるなら、育毛剤・育毛シャンプーのほうがよっぽど優れているから、自分が何を重要視するかで購入を検討してみて欲しい。

<<追記>>
育毛サプリって知ってるか?? 発毛剤や育毛剤にチョイ足しするアイテムとして注目されているらしいぞ。
苦労の末にたどりついた ボストンという育毛サプリで頭皮環境の改善に挑んだ俺の記録